QC

第51回「KRT QCサークル代表発表大会」開催

2019年11月9日(土)に東京都内で「第51回QCサークル代表発表会」を開催しました。
全国4か所で行われた予選を勝ち進んだ10サークルが発表し、それぞれの改善、効果をパワーポイントで発表、優勝を争いました。

みごと優秀賞を勝ち取ったのは、「ナイトクラブ」(京都営業所)。優良賞は「チームきのたけ」(坂戸流通センター)、努力賞は「C.C.クラス」(京都営業所)と「ひよこ物流」(赤穂営業所)という結果になりました。

優勝した「ナイトクラブ」は配車業務担当で活動しており、チーム内での情報共有が不十分であることに着目し、新たな対策も含めて取り組んだことが評価されました。

この日は他に「カイゼン提案」の優秀賞の発表がありました。
カイゼン提案制度はこちら

QC小集団活動

メーカー各社で古くから品質改善の手法として活用されているQCサークル小集団活動を、川崎陸送では物流品質改善に応用しようと、1998年にスタートしました。小集団活動を通じて日々直面する課題と向き合い、業務の改善、品質の向上につなげるよう取り組んでいます。

職場毎に38サークル(2019年11月現在)が活動しており、成果は年2回開催の地区予選会・代表発表大会で発表され、優秀サークルは表彰されることになっています。

上の動画は、2012年11月に開催された第37回代表発表大会の様子です。このサークルは、トレーラーのタイヤの管理にスポットを当て、タイヤの偏摩耗やトレッドの剥がれを激減させるという大きな成果をあげ優勝しました。